看護学校・医療系学校・高等学校卒業程度認定試験の予備校・塾は、神戸看護受験セミナー

中堅校受験土曜コース

中堅校受験土曜コース トップ写真

神戸看護のオンラインライブ授業


コースの特長

これまでの昼間・夜間の2部制に加え、「学びたいが距離が遠い」「週1日しか通えない」といった声にお応えする形で土曜コースを新設しました。開講科目の関係上、受験校は絞られますが、合格目標とする学校によっては、何らかの制約がある場合でも、学習しやすい週1回(土曜日のみ)の通学で、看護医療系学校をめざして頂くことができます。


こんな方におすすめ

● 遠方にお住まいで、毎日通うには負担が大きい方
● クラブ活動やお仕事で土曜日しか確実な時間が取れない方
● 推薦入試や社会人入試で志望校をひとつに絞っている方


合格目標とする学校例

神戸市医師会看護専門学校(推薦・社会人入試)、西宮市医師会看護専門学校(推薦・社会人入試)、神戸市民間病院協会 神戸看護専門学校(全入試)、はくほう会医療看護専門学校(全入試)、尼崎健康医療財団看護専門学校(推薦入試)など、受験科目が数学・生物基礎・国語・小論文から出題される看護学校(※大学のAO入試・推薦入試を受験予定で、小論文が受験科目の方も受講可能)

 開講期間

【後期講座期間】
2020年9月5日(土)~9月1日(土)

<12月5日~1月9日・冬期講習>

 受講資格

高校3年生または高校卒業以上、もしくは同等程度の学力があると認められる方(高卒認定資格取得者等)

 募集定員

定員20名<先着順>
※定員になり次第、順次締め切りますのでご了承ください。

 開講科目

【基本科目】
数学/国語/生物基礎/小論文
※基本科目は1科目から受講可能

 入学前相談

出願前のご都合の良い日に学校見学にお越しください。受験校に関してのご相談や、学習面でのご不安を解消するとともに、合格まで継続して受講ができるよう面談いたします。(要:予約)

 カリキュラム

<数学>
「数と式」「二次関数」「図形と計量(三角比)」「データの分析」の各単元を学習します。数Ⅰは、社会人の方はもちろん、現役生も苦手意識のある方が多くおられます。その原因は、その時に勉強している単元自体にあるのではなく、小・中学校で学習した単元の学習不足からくることがほとんどです。しかし、そのことに自分ひとりで気付くのは難しく、本校では各生徒さんの「苦手」の発見をお手伝いし、数Ⅰの単元にとらわれることなく、必要に応じて小・中学校の内容までさかのぼって指導していくことで、志望校合格レベルの実力が身につくまで指導いたします。大変なこともありますが、一緒に頑張りましょう!
<国語>
主に現代文の読解の力を養成します。この文章には「何が書かれているのか」、この問題を解くためには「どのようなところに着目すれば良いか」、また「どのような知識が必要なのか」などを中心に、授業をおこないます。読解力を身につけるためには、漢字の読み書きはもちろん熟語や慣用表現など、語彙力も必要とします。その対策として、毎時間、小テストを実施します。次に文章読解の着眼点・コツを基礎から指導します。また基礎レベルから上級レベルまで対応できる力を身につける工夫を取り入れています。文章読解の力を付けると、入試はもちろん、今後の看護や医療の学習にもおおいに役立ちます。
<小論文>
小論文を苦手とされる方は多いようです。この授業では、書くための基本的なルールを学習することから始め、文章の構成や論の進め方など、作文技術の基礎を固めます。次に看護・医療・福祉など、小論文入試に出題されそうなテーマに備え、専門的な知識・用語・理念・情報などを学びます。そしてさらに自分なりの意見や理由を組み立てていく練習を重ねていきます。自分で文章を書くことは、他者が書いた文章の読解にも役立ちます。また、今後必要とされるレポート作成の力にもなることでしょう。
<生物基礎>
前期の授業では暗記に頼るのではなく、主に動物の体の仕組みを、体系的に理解できるように心がけて学習します。後期になると、前期で体系的に理解した知識を基礎に問題演習によって、知識の定着を目指します。また、毎回の宿題や自主学習の課題は、Webテスト形式により、いつでもどこでもスマホひとつで学習できる仕組みを取り入れています。そのため、受験では満点近く得点できるようになる生徒さんも多く、安心して受講していただけます。

 学費のご案内

中堅校受験土曜コースの料金表
※画像を押して頂くと拡大します

―全ての詳細はパンフレット・募集要項を請求の上、ご確認ください―

以下の資料請求フォームからご送信いただけますと
より詳しい資料一式をお送りします

お名前
メールアドレス
お電話番号
検討されている学科
ご職業(学年)
郵便番号
ご住所
ご相談事項など